臆病な狼・キバナシは、群れを追われ孤独でした。誰かと友だちになりたくとも、オオカミのなりをしていれば相手にしてくれません。キバナシが岩山の頂上で泣いていると、「臆病でも気が弱いのでもない。心がやさしいのだ。」と声が聞こえてきました。強くなりたいキバナシでしたが、話を聞いて優しさを選びました。本当の優しさ、強さを考えるアニメーション。

やさしいオオカミ

ジャンル:アニメ/いじめ防止・差別防止  対象:幼児・小学生  15分/2004年制作/小学生セット/文部科学省選定、教育映画祭優秀作品

ライブラリー価格:¥52380  学校価格:¥26191

otoiawaseのコピー.jpg