ハレー彗星が地球に接近する周期にあたる年に、地球に空気がなくなるという噂が村に流れる。村人たちはパニックになり、息をとめる練習をしたり、それぞれに生き延びる方法を考えた。そして当日が訪れる。親しみやすいアニメーションで作られた、長く読み続けられる児童文学。

空気がなくなる日

ジャンル:アニメ/児童文学  対象:      18分/1985年制作/原作:岩倉政治

ライブラリー価格:¥33000  学校価格:¥22000

otoiawaseのコピー.jpg